17.00 - 17.05 - Teradataアプリケーション クラス - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradataには、UDF開発で使用できるJavaアプリケーション クラスがいくつか用意されています。以下のテーブルは、利用可能なクラスの一部を示しています。

クラス 説明
com.teradata.fnc.Blob SQL BLOB型のパラメータまたは戻り値を使用するUDFで使用します。
com.teradata.fnc.Clob SQL CLOB型のパラメータまたは戻り値を使用するUDFで使用します。
com.teradata.fnc.DbsInfo UDFの現在の実行に関連するセッション情報を取得する必要があるUDFの場合に使用します。
com.teradata.fnc.TraceObj デバッグを行なうため、CREATE GLOBAL TEMPORARY TRACE TABLE文によって定義された一時トレース テーブルにトレース出力を書き込むUDFに対するメソッドを提供します。
com.teradata.fnc.QueryBand セッション、トランザクション、プロファイルのクエリー バンド情報にアクセスする必要のあるUDFに対するメソッドを提供します。
com.teradata.fnc.Phase 集約関数で使用するクラス。
com.teradata.fnc.Context
com.teradata.fnc.Tbl テーブル関数で使用するクラス。
com.teradata.fnc.AmpInfo
com.teradata.fnc.NodeInfo

使用可能なすべてのクラスのリストとその説明については、Javaアプリケーション クラスを参照してください。