17.00 - 17.05 - 手順の概略 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

トレース テーブルを使用して、スカラー関数、集約関数、およびテーブル関数をデバッグするための手順の概要を以下に示します。

この手順を使って、外部ストアド プロシージャをデバッグすることもできます。
  1. CREATE GLOBAL TEMPORARY TRACE TABLE文を使用して、トレース テーブルを作成します。

    トレース テーブルの最初の2列は、Teradata関数トレース サブシステムによって使用されます。3番目以降の列は、UDFが実行中にトレース出力を作成するために使用できます。

  2. SET SESSION FUNCTION TRACE文を使用して、トレース テーブルを関数トレース出力のために使用できるようにします。

    オプションの関数トレース文字列を指定すれば、UDF実行中にそれを取得できます。

  3. 関数を呼び出します。
  4. UDFの中でFNC_Trace_Stringを呼び出して、SET SESSION FUNCTION TRACE文で指定した関数トレース文字列を取得します。

    トレース文字列の値を使用して、トレース テーブルへの出力内容を決定します。

  5. FNC_Trace_Write_DLを呼び出して、トレース出力をトレース テーブルの列に書き込みます。

    -OR-

    集約関数またはテーブル関数をデバッグする場合、オプションでFNC_Trace_Writeを呼び出すこともできます。これはAMP上で実行するUDFに制限されています。

  6. SELECT文を使用して、トレース テーブルに対して問合わせを実行し、UDFからのトレース出力を取り出します。