17.00 - 17.05 - JARまたはZIPファイルの登録 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

UDFのJavaソース コードを記述してテストした後、結果クラスをアーカイブ ファイル(JARまたはZIP)に配置します。

次に、SQLJ.INSTALL_JAR外部ストアド プロシージャを呼び出してアーカイブ ファイルとクラスをデータベースに登録し、SQL識別子をアーカイブ ファイルに指定します。

ソース コードがクライアント システム上にある場合、指定するSQL IDは、後でSQL関数を定義する際にCREATE FUNCTION文またはREPLACE FUNCTION文のEXTERNAL NAME句で使用する名前と同じになります。

例えば、WindowsクライアントのディレクトリC:\java_udfにあるJARファイルreports.jarについて考えてみます。

以下の文では、JARファイルがJUDFデータベースに登録され、Report_JARというSQL識別子がJARファイルに対して作成されます。

DATABASE JUDF;
CALL SQLJ.INSTALL_JAR('CJ?C:\java_udf\reports.jar', 'Report_JAR', 0);

Java外部ルーチンにアーカイブ ファイルを登録する方法については、Java外部ルーチン用のJARファイルおよびZIPファイルの登録と配布を参照してください。