17.00 - 17.05 - 文字列引数の切り捨て - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

セッション トランザクション モードによって、文字列の切り捨て方法が違います。

セッション トランザクション モード 切り捨ての必要な入力文字列の切り捨て方法
Teradata エラー報告なしで切り捨てられます。マルチバイト文字を使ったKanji1文字列で切り捨てが発生すると、マルチバイト文字の一方のバイトが切り捨てられることがあります。
ANSI 余分の埋め込み文字の切り捨てはエラー報告なしで実行されます。その他の文字が切り捨てられる場合には、切り捨て例外になります。

結果文字列には、通常の切り捨てルールが適用されます。詳細は、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>の「文字切り捨てルール」を参照してください。