17.00 - 17.05 - 概要 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

詳細なデータ分析で、統計モデルは現在のデータと履歴データに基づいて将来のイベントの予測を行なうために使用されます。Rはデータ分析ソフトウェアであり、統計モデリングおよびグラフィックのためのプログラミング言語です。

Teradataでは、 Rプログラム実行のためのインデータベース サポートを提供しています。Teradataデータベースに格納されているデータには、分析のためR実行エンジンによって直接アクセスできます。Rスクリプトは、システム テーブル演算子ExecRを使用してデータベース内で並列実行されます。Rスクリプトはテーブル演算子としてのみ実行可能で、ユーザー定義関数として実行することはできません。

R FNC関数経由でデータベースのデータにアクセスし、Rで使用可能ないずれかのデータ分析ツールを使用してデータを処理するテーブル演算子を書き込むこともできます。Rテーブル演算子には、次のような機能が含まれています。
  • 複数の入力ストリームのサポート

    例えば、データベースに統計モデルを格納し、それらを入力ストリームとしてスコアリング テーブル演算子に渡すことができます。

  • メタデータを設定および取得するためのコントラクト関数およびR FNC関数のサポート

    この機能を使用して、多用型のスクリプトを定義できます。また、コントラクト関数を使用して、一部の中間結果を一度だけ事前計算し、この中間結果を契約コンテキストを使用してすべてのAMPに渡すことができます。その結果、性能を向上することができます。

テーブル演算子機能は、ANSI SQL:2011規格のTeradata拡張機能です。