17.00 - 17.05 - join - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

このコマンドはUDFをデバッグ セッションに結合します。

構文規則

join sessno[/udfname] [ wait ]
sessno
デバッグするUDFのセッション番号。これは通常、前のinfo udfコマンドの出力から取得されますが、ユーザーが、デバッグするセッションの番号をすでに知っている場合、前のinfo udfコマンドなしでもUDFを結合できます。
udfname
デバッグを待機しているUDFの名前。これはオプションです。
wait
オプションのwaitパラメータは、デバッグするUDFが1つ以上なければこのコマンドを実行しないように要求します。

udfnameを指定せずにセッション番号を結合すると、そのセッションでデバッグされるすべてのUDFが結合されます。特定のudfnameを結合すると、そのUDFのみが結合されます。

使用上の注意

コマンドを入力したときに、結合基準を満たすUDFが1つ以上デバッグされるのを待機している必要があります。ただし、一旦結合すると、指定のセッションからの名前付きUDF(またはすべてのUDF)の現在および将来のインスタンスはすべて、このデバッグ セッションで受け取られます。

複数のjoinコマンドを発行して、複数のUDFまたは複数のデータベース セッションもデバッグできます。ただし、一旦何かが結合されると、結合を解除するには、デバッガ セッションを終了するしかありません。1つのデバッガ セッションに結合されたものは、最初のセッションを終了するまで別のデバッガ セッションに結合することはできません。