17.00 - 17.05 - テーブル関数とテーブル演算子の違い - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • テーブル演算子の入力と出力は、一式の行(テーブル)であって、列ではありません。行のデフォルト形式はIndicDataです。
  • テーブル関数では、行イテレータは関数の外にあり、イテレータが各入力行に対する関数を呼び出します。テーブル演算子では、演算子の作成者が入力の反復およびさらに消費する出力行の生成を担当します。テーブル演算子自体は1度しか呼び出しません。これにより、1行あたりの費用を削減できるほか、読み取り/書き込みパターンもより柔軟にできます。
  • 演算子作成者には、ユーザー定義コントラクト関数を通して出力特性を構築するオプションがあります。テーブル演算子が構文解析される場合、コントラクト関数が実行時に呼び出されます。したがって、演算子は極めて柔軟に入力から出力を決定できます。
  • テーブル演算子はカスタム引用句を使用して多用型にすることができます。