17.00 - 17.05 - C定数/変数モードのテーブル関数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

このサンプルは、TBL_MODE_CONSTモードとTBL_MODE_VARYモードの両方をサポートするテーブル関数のCコードを示しています。TBL_MODE_CONSTは、渡されたテキスト文字列からいずれか1つのAMPがデータを抽出するという点で、非常に単純なモードです。

このサンプルでは、データを「生の」テキスト フィールドから抽出して、一連の行を生成します。生データは、以下のような形式の一連の数字であると想定します。

<store number>,<entries>:<customer ID>,<item ID>, ...; repeat;

条件
  • <store number>は、これらのアイテムを顧客に販売したストアです。
  • <entries>は、販売したアイテムの数です。
  • <customer ID>,<item ID>は、組として<entries>の回数だけ繰り返して、末尾に';'を置きます。そこからまた全体のパターンを繰り返すことができます。