17.00 - 17.05 - TD_ANYTYPE結果パラメータによるUDFの呼び出し - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

TD_ANYTYPE結果パラメータを使用して定義したスカラーUDFまたは集約UDFを呼び出すときには、RETURNSdata typeの句、またはRETURNS STYLEcolumn expressionの句を使用すると、必要な戻り値の型を指定できます。 この列式は、有効なテーブルまたはビューの列参照にすることができます。また、戻り値のデータ型は、列の型に応じて決定されます。 RETURNS句やRETURNS STYLE句を使用する場合は、UDF呼び出しを括弧で囲む必要があります。

詳細については、TD_ANYTYPE型を使用する関数の定義を参照してください。