17.00 - 17.05 - 例: TD_ANYTYPEパラメータと戻り値の型を持つ関数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

TD_ANYTYPEパラメータと戻り型を使用するJava関数の宣言方法の例を以下に示す。

public static java.lang.Object get_smallest(java.lang.Object Obj1,
java.lang.Object Obj2) throws SQL Exception

これに相当するSQL関数の定義を次に示します。

CREATE FUNCTION get_smallest(C1 TD_ANYTYPE, C2 TD_ANYTYPE)
     RETURNS TD_ANYTYPE
     LANGUAGE JAVA
     NO SQL
     PARAMETER STYLE JAVA
     EXTERNAL NAME
     'UDF_JAR:UserDefinedFunctions.get_smallest';

また次のようにCREATE FUNCTION文を記述することが可能です。

CREATE FUNCTION get_smallest(C1 TD_ANYTYPE, C2 TD_ANYTYPE)
     RETURNS TD_ANYTYPE
     LANGUAGE JAVA
     NO SQL
     PARAMETER STYLE JAVA
     EXTERNAL NAME
   'UDF_JAR:UserDefinedFunctions.get_smallest(java.lang.Object, java.lang.Object) returns java.lang.Object';

TD_ANYTYPEパラメータを使用したJava UDFの例として、TD_ANYTYPEパラメータを使用するJava関数を参照してください。