17.00 - 17.05 - 問合わせの例 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下に、定数式入力引数を持つテーブル関数の呼び出し方法と、4つの列を持つ結果行の取得方法の例を示します。

SELECT *
FROM TABLE (get_data('1356,122,20061009,abc')
RETURNS (col1 INTEGER, col2 BYTEINT, col3 DATE, col4 VARCHAR(5)))
AS t1;

以下に、定数式入力引数を持つテーブル関数の呼び出し方法と、3つの列を持つ結果行の取得方法の別の例を示します。

SELECT *
FROM TABLE (get_data('1234,56,20061010')
RETURNS (col1 INTEGER, col2 BYTEINT, col3 DATE))
AS t1;

以下に、派生テーブルからの列を入力引数として使用してテーブル関数を呼び出す方法の例を示します。

SELECT tf.col1, tf.col2, tf.col3, tf.col4
FROM raw_cust,
     TABLE (get_data(raw_cust.text)
RETURNS (col1 INTEGER, col2 BYTEINT, col3 DATE, col4 VARCHAR(5)))
AS tf;

以下は、raw_custテーブルの定義を示しています。

CREATE TABLE raw_cust (C1 INT, text VARCHAR(30));

INSERT INTO raw_cust (1,'1356,122,20061009,abc');