17.00 - 17.05 - GLOPデータを使用したC関数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、GLOPセットの作成、GLOPセットへのGLOPデータの追加、GLOPセットのメンバーとしてのUDFの作成、およびUDFからのGLOPデータの使用について、その方法を示します。この例の使用の手順は次のとおりです。

  1. DBCExtensionデータベースが存在しない場合は、DIPGLOPスクリプトを使用して作成します。

    DIPユーティリティおよびDIPGLOPスクリプトの詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。

  2. CREATE GLOP SET文を使用して、MyGlopTestSetという名前のGLOPセットを作成します。

    GLOPセットを作成するSQL文を参照してください。

  3. GLOPデータとして使用されるBLOBを返すcompinformという名前のUDFを作成します。

    GLOPデータを生成する関数のSQL定義およびGLOPデータを生成するC関数の定義を参照してください。

  4. DBCExtension.GLOP_Addを呼び出し、GLOPデータをGLOPセットに追加します。

    GLOPセットへのデータの追加を参照してください。

  5. GLOPセットのメンバーであり、データを使用するためにGLOPセットをマッピングするglop_map1という名前のUDFを作成します。

    GLOPデータを使用する関数のSQL定義およびGLOPデータを使用するC関数の定義を参照してください。

  6. UDFのglop_map1を呼び出します。

    GLOPデータを使用するUDFを呼び出すクエリーの例を参照してください。