17.00 - 17.05 - 構文規則 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
void
FNC_GetAnyTypeParamInfo_eon(int                 bufsize,
                            int                *numAnyTypeParams,
                     anytype_param_info_eon_t  *AnyTypeAttributeArray);
int bufsize
AnyTypeAttributeArrayバッファのサイズ。
int *numAnyTypeParams
TD_ANYTYPEデータ型の入力引数と出力引数の数。
anytype_param_info_eon_t *AnyTypeAttributeArray
TD_ANYTYPEパラメータについての情報を保持するバッファへのポインタ。
anytype_param_info_eon_t構造体は、sqltypes_td.hで次のように定義されています。
typedef struct anytype_param_info_eon_t {
   INTEGER_td       paramIndex;
   dtype_et         datatype;
   dmode_et         direction;
   INTEGER_td       max_length;
   FNC_LobLength_t  lob_length;
   SMALLINT         total_interval_digits;
   SMALLINT         num_fractional_digits;
   charset_et       charset;
   Unicode_Text     UDTName[FNC_MAXNAMELEN_EON];
   SMALLINT         udt_indicator;
} anytype_param_info_eon_t;
説明
  • paramIndexは、パラメータの位置を示す1から始まるインデックスです。戻りパラメータの場合、このインデックスは-1になります。
  • datatypeは、パラメータのデータ型です。
  • directionは、パラメータが入力、出力またはINOUTパラメータのいずれであるかを示します。
  • max_lengthは、このパラメータが使用するバイト単位の最大長です。パラメータがLOB型の場合、max_lengthはLOB_REFの長さを意味します。LOBデータ自体の長さはlob_lengthで得られます。
  • lob_lengthは、パラメータの最大長です(パラメータがLOB型の場合)。
  • total_interval_digitsは、特定のデータ型の精度値です。例えば、DECIMAL(n,n)型、またはINTERVAL DAY(m) TO SECOND(n)の値mになります。この値を使用する型のリストは、attribute_info_t.total_interval_digitsのリストと同じです。
  • num_fractional_digitsは、特定のデータ型の精度またはスケール値です。例えば、DECIMAL(m,n)型、またはINTERVAL DAY(m) TO SECOND(n)の値mになります。この値を使用する型のリストは、attribute_info_t.num_fractional_digitsのリストと同じです。
  • charsetは、CHARACTERデータ型に関連付けられたサーバー文字セットです。
  • UDTNameは、UDTの名前です(パラメータがUDTの場合)。
  • udt_indicatorは、UDTの種類についての識別子です。
    udt_indicatorに使用できる値は次のとおりです:
    • 0 – UDTではない
    • 1 - STRUCTURED型UDT
    • 2 - DISTINCT型UDT
    • 3 - 内部UDT
    • 4 - ARRAY型

      DISTINCT型の場合は、DISTINCT型UDTの基になる型のデータ型が返されます。そのため、この識別子は、その型が実際にUDTである場合に使用する必要があります。

dtype_et、total_interval_digits、num_fractional_digits、またはcharset_etについての詳細は、FNC_GetStructuredAttributeInfoを参照してください。

dmode_etの詳細については、FNC_CallSPを参照してください。