17.00 - 17.05 - CREATE PROCEDURE文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ソース コードのファイル名と場所を識別し、それをサーバーにインストールするには、外部ストアド プロシージャ用のCREATE PROCEDURE文の形式を使用します。この文は、ストアド プロシージャ用のCREATE PROCEDURE文の場合と同じ方法で実行できます。例えばBTEQではCOMPILEコマンドを使用しますが、これは必要ありません。

外部ストアド プロシージャ C/C++関数
CLIv2を使用する場合 コンパイルされ、外部ストアド プロシージャの属するデータベースに関連する、CLI固有の外部ストアド プロシージャのダイナミック リンク ライブラリ(DLLまたはSO)とリンクされて、システム内のTeradata Databaseのすべてのノードに配布されます。
CLIv2を使用しない場合 コンパイルされ、プロシージャの属するデータベースに関連する、標準的なダイナミック リンク ライブラリ(DLLまたはSO)とリンクされて、システム内のTeradata Databaseのすべてのノードに分散されます。

同じデータベースで定義される他のC/C++外部ルーチンも、ダイナミック リンク ライブラリにリンクされます。