17.00 - 17.05 - DBCExtension.GLOP_Reportストアド プロシージャ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

特定のGLOPセットまたはすべてのGLOPセットに関する固有の情報を出力するには、GLOP_Reportプロシージャを使用します。GLOPデータは表示されません。このプロシージャは、要求される内容に応じて必要とされる数の結果セットから成る完全なレポートを提供します。

定義

REPLACE PROCEDURE DBCExtension.GLOP_Report
   (IN Options CHAR(1),
    IN FindName VARCHAR(257))

説明

Options
レポートされる内容。有効な値は以下のとおりです。その他の値ではエラーが生成されます。
  • 'A': すべてのセットについてレポートするよう指定します。

    ユーザーはすべてのGLOPセットについてレポートするための十分な特権を持っていなければなりません。十分な特権を持っていない場合、レポートを実行するユーザーに属するセットについてのレポートが実行されます。

  • 'D': 特定の名前が指定されたデータGLOPについてレポートするよう指定します。
  • 'S': 特定のセットについてレポートするよう指定します。
FindName
特定のオプションについて、情報をレポートするオブジェクトの名前。

オプション'A'の場合、この引数はデータベース名またはデータベース名の後にドット表記を使ってセット名を続けた表現(dbname.setname)です。ユーザーに十分な特権がある場合、このフィールドにNULLが指定されていると、すべてのセットについてレポートされます。

オプション'S'の場合、この引数はセット名(データベースが指定されていない場合)あるいはドット表記を使って表現したデータベース名とセット名です。

オプション'D'の場合、この引数はデータ名(データベースが指定されていない場合)あるいはドット表記を使って表現したデータベース名とデータ名(dbname.dataname)です。

許可

求められるGLOPについてレポートを行なう管理者は、DBCExtension.GLOP_Set、DBCExtension.GLOP_Map、およびDBCExtension.GLOP_Dataの各テーブルに対するSELECT特権を持っていなければなりません。

DBCExtension.GLOP_Set、DBCExtension.GLOP_Map、およびDBCExtension.GLOP_Dataの各テーブルに対するSELECT特権を持っていないときに自分自身のセットについてレポートするには、GLOPの所有者または作成者であるか、またはGLOPに対するGLOP MEMBER特権を持っていなければなりません。

使用上の注意

このプロシージャは、特定のGLOPセットまたはすべてのGLOPセットの詳細情報を提供するために使用します。

以下の情報がレポートされます。
  • すべてのセット番号とそれに関連する名前をセット名で昇順にリストした結果セット
    • GLOP_Set_ID
    • GLOP_SetName (昇順)
  • 各セットの詳細を表示した結果セット
    • GLOP_Set_ID (昇順の最初のソート フィールド)
    • GLOP_Type (昇順の2番目のソート フィールド)
    • GLOP_Dependency
    • GLOP_Association (昇順の3番目のソート フィールド)

      ロール、ユーザー、または外部ルーチンID

    • GLOP_Mode
    • GLOP_Disable
    • GLOP_Ageing
    • GLOP_Length
    • GLOP_Pages
    • GLOP_Data_Ref (昇順の4番目のソート フィールド)
    • GLOP_Page number (昇順の5番目のソート フィールド)
  • データ参照IDと対応する名前を、データ参照ID順にソートして表示した結果セット。
    • GLOP_Data_Ref (昇順)
    • GLOP_Data_Name
  • セットのマッピング情報を表示した結果セット。
    • GLOP_Set_ID (昇順の最初のソート フィールド)
    • エントリのインデックス (昇順の2番目のソート フィールド)
    • GLOP_Type
    • GLOP_Dependency
    • GLOP_MapX共有または非共有フラグ
    • GLOPのGLOP_ModeXモード
    • マップされた最初のページ: GLOP_PageX
  • ユーザー関係IDと対応するユーザーの名前を関係IDで昇順に表示した結果セット。
    • GLOP_Association
    • GLOP_AssociationName
  • ロール関係IDと対応するロールの名前を関係IDで昇順に表示した結果セット。
    • GLOP_Association
    • GLOP_AssociationName
  • 外部ルーチン関係IDと対応する外部ルーチンの名前およびデータベースを関係IDで昇順に表示した結果セット。
    • GLOP_Association
    • GLOP_AssociationName

例: DBCExtension.GLOP_Reportストアド プロシージャ

'sales_division' GLOPセットのレポートを特定のユーザー別に出力します。

CALL DBCExtension.GLOP_Report('S', 'sales_division');