17.00 - 17.05 - SQLJ.REPLACE_JAR外部ストアド プロシージャ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

定義

REPLACE PROCEDURE SQLJ.REPLACE_JAR
   (IN locspec VARCHAR(1000),
    IN jarname VARCHAR(128) CHARACTER SET UNICODE)
LANGUAGE C
NO SQL
PARAMETER STYLE SQL
EXTERNAL NAME 'SL!xsplib';

説明

locspec
事前登録済みのアーカイブ ファイルを置き換えるアーカイブ ファイルの場所。
locspec文字列の最初の2文字は、置換アーカイブ ファイルがクライアントとデータベース サーバーのどちらにあるかを示しています。最初の2文字が
  • CJの場合、.jarファイルまたは.zipファイルの場所はクライアント上です。
  • SJの場合、.jarファイルまたは.zipファイルの場所はデータベース サーバー上です。
locspec文字列の3番目の文字は、locspec文字列の最初の2文字と残りの文字を区切るために選択した区切り文字です。
locspec文字列の残りの文字は、ファイルのパスを示しています。
JARファイルまたはZIPファイルの場所
  • クライアントの場合、ファイルのパスはファイルの場所と名前(.jarファイルまたは.zipファイルの拡張子を含む)を指定するクライアント変換パス。
  • データベース サーバーの場合、ファイルのパスはファイルの場所と名前(.jarファイルまたは.zipファイルの拡張子を含む)を指定する絶対パスまたは相対パス。

    ファイルのパスが相対パスの場合、アーカイブ ファイルへの絶対パスは、相対パスをサーバー上のソース コードのデフォルト パスに付加して作成されます。

    ソース コードのデフォルト パスを確認するには、以下に示すようにcufconfigユーティリティの-oオプションを使用して、SourceDirectoryPathフィールドの設定を検索します。
    cufconfig -o

    cufconfigの詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。

jarname
SQLJ.INSTALL_JARに渡されたSQL識別子。単一引用符で囲まれています。