17.00 - 17.05 - 関数コンテキスト パラメータ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

集約関数のパラメータ リストで説明したように、集約UDFパラメータ リストには、FNC_Context_t関数コンテキスト構造体へのポインタが含まれています。この構造体は、次のように定義されています。

struct FNC_Context_t {
    int         version;
    FNC_flags_t flags;
    void        *interim1;
    int         intrm1_length;
    void        *interim2;
    int         intrm2_length;
    long        group_count;
    long        window_size;
    long        pre_window;
    long        post_window;
} FNC_Context_t;

関数では、この構造体を読み取り専用としてのみ処理することが必要です。その値は決して変更してはなりません。この構造体には、集約関数の中間記憶域で利用できる4つのメンバーが含まれています。

メンバー 指定内容
interim1 中間結果を入れる集約記憶域へのポインタ。
interim2 集約フェーズがAGR_COMBINEの場合に、interim1記憶域と組み合わせする中間記憶域へのポインタ。
intrm1_length interim1の長さ。
intrm2_length interim2の長さ。