17.00 - 17.05 - setResultSet(ResultSet) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

このArrayオブジェクトによって指定されたSQL 1-D ARRAY値を入力ResultSetに入力された値で設定します。Arrayオブジェクトの要素値は最初の列の一番低い値から高い値へと設定されます。

  • このメソッドは1-D配列のみをサポートします。
  • 配列が少ない要素で構成された場合、ResultSetで指定されている要素の最大数より少ない要素が配列で設定されることがあります。

構文規則

void setResultSet(ResultSet  arrayResultSet)
                       throws SQLException

パラメータ

arrayResultSet
2つの列、インデックス、および要素値から構成されるResultSet
入力として渡された結果セットには、配列要素ごとに1つの行が含まれ、各行には2つの列が含まれている必要があります:
  • 最初の列はINTEGER型で、その要素の配列にインデックスを格納します。
  • 2番目の列は、要素の値を格納します。
行は、インデックスの順序に対応して昇順になります。

例外

次の場合にSQLExceptionをスルーします:
  • メソッドはN-D配列に対して呼び出されます。データベース固有コード"9743 (ERRUDFJAVARRAY)< <Method> cannot be called for N-D Arrays>"が返されます。
  • 配列にアクセスしようとするとエラーが発生します。データベース固有コード"9743 (ERRUDFJAVARRAY) <Failed to set Array elements with provided ResultSet>"が返されます。