17.00 - 17.05 - FNC_TblOpReadBufEx - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

データ バッファの読み込みに使用され、複数の入力ストリームをサポートします。

構文

int
FNC_TblOpReadBufEx(FNC_TblOpHandle_t  *handle,
                   BYTE              **bufptr,
                   int                *length)
FNC_TblOpHandle_t *handle
入力ストリームに関連するハンドル。

FNC_TblOpHandle_t構造の詳細については、テーブル演算子のデータ構造を参照してください。

BYTE **bufptr
データ バッファの位置へのポインタ。
int *length
bufptrにより指定されるバイト単位のバッファの実際の長さへのポインタ。

戻り値

TBLOP_SUCCESS、TBLOP_EOF (データの終了)、TBLOP_ABORT、またはTBLOP_ERRORを示す整数。

使用上の注意

FNC_TblOpReadBufExは、引数として1つの入力ストリーム ハンドルを取るため、複数の入力ストリームを処理できることを除いて、FNC_TblOpReadBufと似ています。

この関数は高性能ダイレクト バッファ リード アクセスに使用され、バッファが標準的行形式であることを要求します。バッファ形式は、IndicDataです。

バッファが空の場合、呼び出しはデータベースにバッファにさらにデータを充填するように要求した後、停止します。