17.00 - 17.05 - 制限 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

構成要素の型がUDTの場合、取得したUDT構成要素ごとのreturnValueバッファでUDTのハンドルが返されます。UDF、UDM、または外部ストアド プロシージャの実行中に、2000を超えるUDTのハンドルが割り当てられることはありません。そのため、FNC_GetArrayElementsの呼び出しで2000を超えるUDTの構成要素を取得することはできません。また、UDTハンドルを割り当てるそれ以外のFNCをルーチン内で呼び出す場合、この制限はさらに低くなります。