17.00 - 17.05 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

UDFの文字セットは、関数を作成するユーザーの文字セットによって決まります。したがって、UDFを作成する際にLATINの文字セットがある場合、UDFにはLATINの文字セットが含まれます。UDFを作成するユーザーがUNICODEの文字セットを持っている場合、UDFにはUNICODEの文字セットがあります。FNC_GetQueryBandは、入力文字パラメータが関数文字セット内にあると見なし、同じ文字セット内の出力パラメータを返します。

このインターフェースをUDF、UDM、または外部ストアド プロシージャで呼び出して、現在のクエリー バンドを取得することができます。これは、クエリーの元のソースを識別したり、タスクの優先順位の管理やシステムの使用状況の追跡を支援するために、セッション、トランザクションまたはプロファイルに設定できるクエリー バンド名/値ペアの文字列です。

目的 使用する文または関数
セッションまたはトランザクションにクエリー バンドを設定する SET QUERY_BAND SQL文。

詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

プロファイルのクエリー バンドを追加または変更する
  • CREATE PROFILE
  • MODIFY PROFILE

詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

FNC_GetQueryBandが戻すクエリー バンド文字列から、トランザクション、セッションまたはプロファイルの名前/値ペアを取得する FNC_GetQueryBandPair関数。

詳細は、FNC_GetQueryBandPairsを参照してください。

FNC_GetQueryBandが戻すクエリー バンド文字列のトランザクション、セッションまたはプロファイルの名前/値ペアを検索し、特定名に対応する値を取得する FNC_GetQueryBandValue関数。

詳細は、FNC_GetQueryBandValueを参照してください。