17.00 - 17.05 - udfGPLサーバー メモリ制限の構成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

udfGPLライブラリのインストールで説明したように、ExecRが動作するudfGPLサーバーのメモリ制限は調整できます。

udfGPLサーバーのメモリ制限のデフォルト値である32 MBを変更するには、cufconfig GDO(グローバル分散オブジェクト)ユーティリティを実行して、GPLUDFServerMemSizeフィールドを探します。GPLUDFServerMemSizeフィールドの推奨値は、1~3 GB(1073741824~3221225472バイト)です。メモリが不足していると、ExecRの実行中にエラーが発生する場合があります。

次の例は、システムのデフォルト設定を前提として、GPLUDFServerMemSize値を確認し、これを1 GBに変更する方法を示しています。

  1. rootユーザーとしてターゲット システムに接続し、Bashシェルのコマンド ラインを使用して次を実行します。
  2. 次のコマンドを実行して、現在のcufconfigパラメータとその値を調べます。
    /usr/tdbms/bin/cufconfig -o
  3. 出力一覧でGPLUDFServerMemSizeフィールドを見つけます。出力では次のように表示されるはずです。
    ...
       GPLUDFServerMemSize: 33554432
       ...
    
    これは、GPLUDFServerMemSizeのサイズが33554432バイト / 1024(KB/バイト) / 1024(MB/KB) = 32 MBであることを意味します。
  4. この値を1 GBに変更するには、サーバー上のすべてのノードで/tmpディレクトリにテキスト ファイルを作成し、このファイルに「GPLUDFServerMemSize: 1073741824」という行が含まれるようにします。これには次のコマンドを使用します。
    psh "printf 'GPLUDFServerMemSize: 1073741824' > /tmp/ccChange.txt"
    メモリ サイズはバイト単位で指定する必要があります。
  5. 次のコマンドを実行してcufconfigユーティリティを起動し、新しい設定を受け入れます。
    psh /usr/tdbms/bin/cufconfig -i -f /tmp/ccChange.txt
  6. 次のコマンドを使用し、もう一度入力して処理の結果を確かめます。
    /usr/tdbms/bin/cufconfig -o
GPLUDFServerMemSizeフィールドの変更内容は、次回ExecRクエリーが実行されたときに反映されます。