17.00 - 17.05 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブル関数はまず最初にFNC_GetPhaseExを呼び出します。

FNC_GetPhaseExは、定数引数で渡されるテーブル関数(FNC_GetPhaseExの戻りがTBL_MODE_CONST)でも正常に使用できますが、可変引数で渡されるテーブル関数(FNC_GetPhaseExの戻り値がTBL_MODE_VARY)に対して最も有効です。

FNC_GetPhaseExが提供する機能は、テーブル関数への入力を整列させるHASH BYおよびLOCAL ORDER BY句を補完します。テーブル関数への入力引数を整列させる方法の例は、テーブルUDFに対する入力引数の整列を参照してください

FNC_GetPhaseExを使用すると、テーブルのフェーズ遷移をテーブル関数の作成時により細かく制御できるようになります。テーブル関数の実行時に必要なフェーズの遷移の数を減らすことで、UDF呼び出しの回数が少なくなり、テーブル関数のパフォーマンスを向上することになります。