17.00 - 17.05 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部ルーチンに渡されたTD_ANYTYPE入力引数および出力引数についての情報を取得するには、次の手順を実行します。

  1. INTEGER型の変数(例えば、numAnytypeParams)を宣言します。
  2. TD_ANYTYPE入力パラメータと、ルーチン内で宣言した結果パラメータについてのすべての情報を保持できるだけのメモリを、AnyTypeAttributeArrayバッファに割り当てます。このバッファはanytype_param_info_t構造体の配列にする必要があります。この配列の各構成要素には、個別のTD_ANYTYPEパラメータの情報を格納します。
  3. FNC_GetAnyTypeParamInfo()を呼び出します。このとき、AnyTypeAttributeArrayバッファへのポインタとバッファのサイズ、およびnumAnytypeParamsへのポインタを渡します。

FNC_GetAnyTypeParamInfo関数は、各TD_ANYTYPEパラメータについての情報をAnyTypeAttributeArrayバッファに格納します。TD_ANYTYPE結果パラメータの戻り値の型についての情報は、この配列の最後の構成要素に格納されます。TD_ANYTYPEパラメータの数は、numAnyTypeParamsパラメータで返されます。

この情報の処理を完了したら、AnyTypeAttributeArrayバッファに割り当てたメモリを確実に解放してください。