17.00 - 17.05 - FNC_TblOpSetOutputColDef - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

出力ストリームの出力列を構文解析プログラムに伝えます

構文

void
FNC_TblOpSetOutputColDef(int                    streamno,
                         FNC_TblOpColumnDef_t  *coldefs);
int streamno
出力ストリーム番号。
FNC_TblOpColumnDef_t *coldefs
列定義。

FNC_TblOpColumnDef_t構造体の詳細については、テーブル演算子のデータ構造を参照してください。

使用上の注意

コントラクト関数が指定されていない場合には、構文解析プログラムはRETURNS句の指定どおりに出力列を設定します。

この関数は、以下の場合にエラーを返します。
  • コントラクト関数と明示的な列定義リストがともに規定されている場合。
  • ストリーム番号が無効である場合。
  • coldefsに無効なデータ型または無効な文字セットが含まれているか、あるいはcoldef->lengthがcoldef->num_columns中の列数に対して無効である場合。

FNC_TblOpSetOutputColDefの使用例

この関数の使用例については、C テーブル演算子を参照してください。