17.00 - 17.05 - ユーザー定義関数のデバッグ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
関数をデバッグするときには、必ずテストに次の点を含めてください。
  • 入力値の範囲検査
  • 戻り値の範囲検査
  • NULLの処理が適切であること
  • 0による除算
  • mallocによって取得したすべてのメモリを解放していること
  • オープンしているすべてのオペレーティング システムのハンドルが解放/クローズされていること

Teradata C/C++ UDF Debuggerを使用すると、開発システムやテスト システム内にあるデータベースで一部のユーザー定義の関数をデバッグすることができます。デバッガは、CおよびC++関数のみをサポートします。Teradata C/C++ UDF Debuggerの詳細については、UDFのデバッグ用C/C++コマンド ラインを参照してください。

その他のユーザー定義関数については、デバッグは関数をデータベースにインストールした後でのみ利用できます。他のデバッグ ツールを使用して動作を確認したり、スタンドアロンの仮想マシンで実行して、それを実行するUDFサーバーのプロセスをデバッグすることができます。

Teradata Databaseの外部で関数を実行、テスト、デバッグする例については、Teradata Downloadsの記事データベース拡張の開発(UDFなど)を参照してください。