17.00 - 17.05 - info udf - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

このコマンドは、データベースに接続され、デバッグに使用できるUDFの名前を表示します。

構文

info udf [ wait ]

オプションのwaitパラメータは、デバッグするUDFが1つ以上なければこのコマンドを実行しないように要求します。Ctrl+Cを押すと、waitを中断できます。

使用上の注意

このコマンドの出力はテーブルに表示され、テーブルにはリクエスト元データベースでデバッグできる各UDFの行があります。次のUDF情報が含まれています。
  • セッション番号
  • 関数名
  • 関数のタイプ
  • ソース プログラミング言語
  • インスタンスの数
  • UDFが現在デバッガ セッションに結合されているかどうか

テーブルは通常1つの行だけですが、ユーザーが複数のデバッグ セッションを実行している場合、より多くの行を持つことができます。