17.00 - 17.05 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

DISTINCT型用のLOBロケータを取得した後、FNC_LobOpenなどのLOBアクセス関数を使用して、データを付加します。

事前定義のLOBと、LOBを表わすDISTINCT型UDTの動作は、UDF、UDM、および外部ストアド プロシージャ内で同じです。

  • LOB結果値は、データを付加するか、または結果標識引数を使って明示的にNULLに設定するのでない限り、長さゼロの空です。
  • 結果標識引数を-1に設定すると、LOB結果に付加したデータはすべて破棄されます。
  • LOBに何もデータを付加しない場合、外部ストアド プロシージャへのINOUTパラメータであると定義されている、LOBを表わすDISTINCT型UDTは、その入力バージョンがそのまま保たれます。