17.00 - 17.05 - 動的な結果行指定を持つC定数/変数モードのテーブル関数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

このサンプルは、前述の例(C定数/変数モードのテーブル関数)に類似しており、TBL_MODE_CONSTモードとTBL_MODE_VARYモードの両方をサポートするテーブル関数のCコードを示しています。TBL_MODE_CONSTは、渡されたテキスト文字列からいずれか1つのAMPがデータを抽出するという点で、非常に単純なモードです。

テーブル関数では最大で4列戻すことができます(REPLACE FUNCTION文のRETURNS TABLE VARYING COLUMNS句で指定)。

結果行引数の実際のデータ型は関数が呼び出されるまで不明なため、テーブル関数パラメータ リストの各出力パラメータはvoidポインタとして宣言されます。

実行中、テーブル関数は、FNC_TblGetColDefライブラリ関数を呼び出し、結果行引数の実数とデータ型を取得します。