17.00 - 17.05 - Teradataデータ型とR型間のマッピング - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下のテーブルは、Teradata属性タイプからRタイプへのマッピングを示しています。このマッピングではtdr.GetAttributeByNdx関数とtdr.SetAttributeByNdx関数を使用して、属性値とタイプをTeradata (またはC)表現とR表現の間で変換します。

Teradataのデータ型 R
  • CHAR
  • VARCHAR
Character vector
  • BYTE
  • VARBYTE
Raw vector
  • BYTEINT
  • SMALLINT
  • INTEGER
Integer
  • BIGINT
  • REAL
  • DECIMAL1, DECIMAL2, DECIMAL4
Real
DECIMAL8, DECIMAL16 Raw vector
DATE Date(1970/1/1以降の日数)
TIME 3つの要素を含むリスト:
  • seconds (実単位ベクトル)
  • hour (整数単位ベクトル)
  • minutes (整数単位ベクトル)

これらの3つの要素は、TIMEデータ型の表現に使用されるC構造のメンバーです。

  • TIME_WTZ
  • TIMESTAMP
  • TIMESTAMP_WTZ
Teradataのタイプを表現するために使用されるC構造の要素を持つリスト。要素のタイプはRデータ型とCデータ型間のマッピングのマッピングに従います。
  • INTERVAL_YEAR
  • INTERVAL_MONTH
  • INTERVAL_DAY
  • INTERVAL_HOUR
  • INTERVAL_MINUTE
Integer
  • INTERVAL_YTM
  • INTERVALH
  • INTERVALM
  • INTERVALS
  • INTERVAL_HTM
  • INTERVAL_HTS
  • INTERVAL_MTS
  • INTERVAL_SECOND
Teradataのタイプを表現するために使用されるC構造の要素を持つリスト。要素のタイプはRデータ型とCデータ型間のマッピングのマッピングに従います。
  • BLOB_REFERENCE
  • CLOB_REFERENCE
Raw vector
このマッピングは、以下の基準に基づいて定義されました。
  • Rデータ型はすべてのR環境で使用可能である。
  • データ変換はロスレスである

選択されたRタイプは基本的なRの一部で、インストールが必要な特定のパッケージではありません。返されたデータを希望のパッケージで使用される表現に変換できます。

XMLデータ型とJSONデータ型は、LOBとして扱われます。

以下のデータ型はサポートしません。
  • ARRAY
  • Geospatial
  • NUMBER
  • PERIOD
  • UDT