17.00 - 17.05 - hold - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

holdコマンドを使用すると、continueコマンドが入力されたときにどのUDFを実行するかを制御できます。一時停止されているスレッドは実行されません。他のすべてのスレッドは実行されます。

構文

hold all
hold thread-selectors [...]

ここで、構文要素thread-selectorsは、デバッグ中の1つ以上のUDFスレッドを選択する文字列を指定します。

使用上の注意

holdunholdは一緒に使用できます。例えば、hold allを使用してから実行が必要なスレッドのみをunholdすることができます。

holdcontinueコマンドのみに影響します。stepコマンドとnextコマンドは、現在のスレッド以外の全スレッドを暗黙的に一時停止します。