17.00 - 17.05 - AMPセットでのテーブル演算子の実行 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブル演算子に関連付けられている連続マップまたはスパース マップに基づいて、AMPセットでテーブル演算子を実行できます。入力行がマップごとにまだ分散されていない場合、データベースは指定したマップまたはデフォルトのマップでテーブル演算子を実行する前に、入力行を指定したマップまたはデフォルトのマップのAMPに分散します。

例えば、余分なメモリを持つノードをいくつか構成することで、これらのノードがSQL-Hクエリー、SASジョブ、またはRスクリプトなど特別なテーブル演算子を実行できるようになります。特別なノードのAMPのみを含むマップを定義し、次にEXECUTE MAP句を使用してそのマップをCREATE/REPLACE FUNCTION文の中で指定することができます。

またテーブル演算子を呼び出すときEXECUTE MAP句を使用することで、テーブル演算子をマップで指定されたAMPでのみ実行させることもできます。この場合、テーブル演算子の作成時に指定したマップやコロケーション名が上書きされます。

詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>と<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。