17.00 - 17.05 - getBytes(int objNum) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

2つの中間集約記憶域のうちの1つに格納されたデータを戻します。

このメソッドはContext.getObject()と似ていますが、さらに高速なインターフェースを提供します。

引数

objNum入力引数は、中間結果の取得先となる集約記憶域を指定します。

意味
1 最初の集約記憶域から中間結果を取得します。

UDFが取得するデータは、前の集約フェーズでContext.setByte()への呼び出しから格納されたものです。UDFは、前にPhase.AGR_DETAIL、Phase.AGR_COMBINE、およびPhase.AGR_FINAL集約フェーズで格納されたデータを使用します。

2 2番目の集約記憶域から中間結果を取得します。

UDFが取得するデータは、Teradata Databaseにより格納されます。UDFは、Phase.AGR_COMBINE集約フェーズでこのデータを使用します。

戻り値

指定された記憶域にデータがない場合、getBytes()はNULLオブジェクトを戻します。

例外

objNumの値が範囲外の場合、getObject()は、Context.getObject(int)の入力パラメータが範囲外であることを示すSQLExceptionをスローし、SQLExceptionフィールドを以下のように設定します。

SQLStateフィールド vendorCodeフィールド
“TS000” 7844