17.00 - 17.05 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

特定のAMP上でのみ実行するテーブル関数のコピーを構成するためのステップは、以下のとおりです。

  1. FNC_TblGetNodeDataを呼び出して、すべてのノード番号とAMP vproc番号のリストを取得します。
  2. どのAMP vprocがテーブル関数のコピーを実行するかを決定します。

    例えば、ノードごとに1つのAMP vprocだけが参加するという想定の場合、情報は昇順で戻されるので、このロジックでは単にリスト内の各ノードの最初のAMP vprocを取り込めます。

  3. FNC_AMPInfoを呼び出して、ローカルのノード番号およびAMP vproc番号を取得します。

    テーブル関数

    ローカルのノード番号およびAMP vproc番号の選択 結果
    テーブル関数のコピーを実行するために選択されている テーブル関数の処理に参加します。
    テーブル関数のコピーを実行するために選択されていない FNC_TblOptOutを呼び出します。

    テーブル演算子については、IF文を記述して、ローカルのノードおよびAMPが選択されているかどうかを判断します。これらが選択されている場合には、制御フローは演算子処理を経ます。そうでない場合には、処理はスキップされます。