17.00 - 17.05 - ColumnDefinitionメソッド - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

getCharset()

public int getCharset()

列の文字セットにアクセスできます。

getDisplayLength()

public int getDisplayLength()

列のデータ型長にアクセスできます。

getJsonFormat()

public byte getJsonFormat()

JSON列のJSON格納形式へのアクセスを提供します。

getName()

public java.lang.String getName()

列名付きの文字列を返します。

getPeriodType()

public int getPeriodType()
列のPeriod型を示すint値を返します。有効な値は以下のとおりです。
NOT_PERIOD = 0
    PERIOD_DATE = 1
    PERIOD_TIME = 2
    PERIOD_TIME_WTZ =3
    PERIOD_TIMESTAMP = 4
    PERIOD_TIMESTAMP_WTZ = 5

getPrecision()

public int getPrecision()

DECIMAL列の現在の精度にアクセスできます。

getScale()

public int getScale()

DECIMAL列のスケールにアクセスできます。

getType()

public com.teradata.fnc.TeradataType getType()

列のTeradataデータ型を返します。

getUDTName()

public String getUdtName()

列のUDT名であるStringを返します。

isTimeZone()

public boolean isTimeZone()

TIMEまたはDATE型列のタイム ゾーンにアクセスできます。

setCharset(int)

public void setCharset(int  cset)
パラメータ名 説明
cset
  • 値1はLATIN列を指定します。
  • 値2はUNICODE 列を指定します。

列の文字セットを設定します。

setDisplayLength(int)

public void setDisplayLength(int  len)
パラメータ名 説明
len 可変長データ型列の長さ。

可変長データ型列の長さを設定します。このメソッドはCHARACTER型、VARCHAR型、CLOB型、VARBYTE型、およびBLOB型に使用できます。

setJsonFormat(byte)

public void setJsonFormat(byte  p)

JSON列のJSON格納形式を設定します。

setPeriodType(int)

public void setPeriodType(int  ptype)
列のPERIOD型を設定します。有効な値は以下のとおりです。
NOT_PERIOD = 0
    PERIOD_DATE = 1
    PERIOD_TIME = 2
    PERIOD_TIME_WTZ =3
    PERIOD_TIMESTAMP = 4
    PERIOD_TIMESTAMP_WTZ = 5

setPrecision(int)

public void setPrecision(int  prec)
パラメータ名 説明
prec DECIMAL列の精度。

DECIMAL列の精度を設定します。

setScale(int)

public void setScale(int  Scale)
パラメータ名 説明
Scale DECIMAL列のスケール。

DECIMAL列のスケールを設定します。

setTimeZone(boolean)

public void setTimeZone(boolean  isWTZ)
パラメータ名 説明
isWTZ 列のタイム ゾーン

TIMEまたはDATE型列のタイム ゾーンにアクセスできます。

setUDTName(String)

public void setUDTName(String  name)

出力列のUDT名を設定します。

継承メソッド

以下のメソッドをclass java.lang.Objectから継承できます。
  • equals
  • getClass
  • hashCode
  • notify
  • notifyAll
  • toString
  • wait, wait, wait