17.00 - 17.05 - setArray(Object, long, int) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

このArrayオブジェクトによって指定されているSQL ARRAY値の部分を設定します。arrayElementsで渡される要素値を使用し、指定されたindexで始まり、SQL配列のcount連続要素まで設定します。

  • このメソッドは1-D配列のみをサポートします。
  • indexが-1、またはcountが-1の場合、Arrayオブジェクトは最初の要素から完全に上書きされます。その他の場合、ルーチンはArrayオブジェクトの要素をindexからcount要素まで設定します。count要素未満が設定される可能性があります。

構文

void setArray(Object  arrayElements,
              long  index,
              int  count)
              throws SQLException

パラメータ

arrayElements
設定する要素値のJava配列で構成されるオブジェクト。
index
設定する最初の要素の配列インデックス。最初の要素はインデックス1です。
count
設定する一連のSQL配列要素の数。

例外

次の場合にSQLExceptionをスルーします:
  • メソッドはN-D配列に対して呼び出されます。データベース固有コード"9743 (ERRUDFJAVARRAY)< <Method> cannot be called for N-D Arrays >"が返されます。
  • 配列にアクセスしようとするとエラーが発生します。データベース固有コード"9743 (ERRUDFJAVARRAY) <Failed to set elements of the array>"が返されます。