17.00 - 17.05 - getBaseTypeName() - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

このArrayオブジェクトで指定された配列の要素のSQLタイプ名を取得します。要素が組み込み型である場合、要素のデータベース固有のタイプ名を返します。要素がユーザー定義型(UDT)である場合、このメソッドは完全修飾SQLタイプ名を返します。

構文

String getBaseTypeName()
                       throws SQLException

戻り値

組み込み基本型のデータベース特定名、または基本型の完全修飾SQLタイプ名(UDT)であるString

例外

タイプ名にアクセスしようとしたときにエラーが発生した場合、SQLExceptionをスローします。データベース固有コード"9743 (ERRUDFJAVARRAY) <Array type name could not be retrieved>"が返されます。