17.00 - 17.05 - パッケージの配布 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradataには、MPPシステムのすべてのノードにパッケージを分散するために使用できる以下のツールが用意されています。
  • installspという名前のシステム ストアド プロシージャ。SYSLIBデータベースにあります。
  • Microsoft WindowsのCall-Level Interface Version 2 (CLIv2)ベースのlobteqという名前の実行ファイル。これにより、installspストアド プロシージャを呼び出すことができます。
さらに、TeradataにはSYSLIBデータベース内に次のシステム テーブルがあります。これは、バージョン情報の保存、バックアップ、およびパッケージの復元に使用します。
  • dem
  • demddl
  • dempart

Teradata Databaseはシステム テーブルを管理し、パッケージをバックアップした場合や復元した場合に情報を更新します。詳細は、パッケージのバックアップまたは復元を参照してください。

始める前に

パッケージを分散する前に、lobteqをWindowsクライアント システムにダウンロードし、SYSLIBシステム データベースにinstallspストアド プロシージャとdem、demddl、およびdempartテーブルが含まれていることを確認します。

  1. SYSLIBシステム データベース内のオブジェクトを確認するには、次のSQL文を使用します。
    HELP DATABASE SYSLIB;
  2. HELP DATABASEから戻された情報に、installspストアド プロシージャや、dem、demddl、またはdempartテーブルが含まれていない場合は、Database Initialization Program (DIP)ユーティリティを使用して、DIPDEMスクリプトを実行します。

    DIPの詳細は、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。

  3. 以下の権限を確認します。
    • SYSLIB.installspストアド プロシージャに対するEXECUTE PROCEDURE権限が必要です。
    • SYSLIBデータベースには、SYSLIB.installpkg UDFに対するEXECUTE FUNCTION権限が必要です。
  4. Windowsクライアント システムにlobteqをダウンロードします。
    1. Administratorアカウントを使用して、Windowsクライアント システムにログオンします。
    2. Teradata Tools and Utilitiesがインストールされており、BTEQの製品の依存関係がすべて満たされていることを確認します。

      BTEQの製品の依存関係の詳細は、<Teradata® Tools and Utilities for Microsoft Windowsインストール ガイド (B035-2407)>を参照してください。

    3. Teradata Downloadにアクセスして、UDF Packaging自己解凍ファイルを任意のディレクトリにダウンロードします。
    4. 自己解凍ファイルからlobteq実行ファイルを抽出します。