17.00 - 17.05 - 変数モードのテーブルUDFのフェーズ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Databaseでは、変数モードのUDFテーブル用のJavaメソッドを繰り返し呼び出します。これにより、自分自身の初期化、システム リソースのアクセス、出力行の作成など、さまざまなフェーズでメソッドを実行可能にしています。このメソッドは、Tbl.getPhase()またはTbl.getPhaseEx()を使用して、現在のフェーズと、取るべきアクションを判別します。

Tbl.getPhase()を使用するメソッドは、次のフェーズをパススルーします。



または、AMP上で有効な最新のローでいつ渡されたのかを知る必要のあるテーブルUDF(このUDFはすべての入力ローの処理が完了しないとローを返さないためと考えられる)は、Tbl.getPhaseEx()をTBL_LASTROWオプション付きで使用すると、次に示すフェーズをパス スルーできます。



変数モードのテーブルUDFの各フェーズの実装の詳細については、実装のガイドラインを参照してください。