17.00 - 17.05 - savepkgストアド プロシージャ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

savepkgストアド プロシージャを使用すると、情報をdemddlおよびdempartシステム テーブルに格納して、パッケージの特定のバージョンとパッケージをインストールする関連DDL文をバックアップできます。

定義

REPLACE PROCEDURE savepkg
   (IN  U_Name      VARCHAR(30),
    IN  U_Version   VARCHAR(30),
    IN  U_Database  VARCHAR(30),
    IN  U_DemT      VARCHAR(30),
    IN  U_Create    CLOB,
    IN  U_DemFN     VARCHAR(30),
    IN  U_Content   BLOB,
    OUT out1        VARCHAR(30)
   )

説明

U_Name
パッケージの名前。
Teradata Databaseはパッケージの名前を、SYSLIBデータベースのdemddlおよびdempartシステム テーブルに格納します。
U_Version
パッケージのバージョン。
Teradata Databaseはパッケージに割り当てたバージョン番号を、SYSLIBデータベースのdemddlおよびdempartシステム テーブルに格納します。
U_Database
パッケージがインストールされたデータベース。
Teradata Databaseは、パッケージをインストールしたデータベースの名前を、SYSLIBデータベースのdemddlおよびdempartシステム テーブルに格納します。
U_DemT
パッケージまたはパッケージ コンポーネントのタイプを説明するために割り当てた値。
Teradata Databaseは、demddlシステム テーブルに入力した値をSYSLIBデータベースに格納します。
例えば、savepkgを使用してUDFパッケージをバックアップする場合に、値'UP'を使用することができます。savepkgを使用してUDFパッケージ コンポーネントをバックアップする場合は、UDFソースには'US'、UDFを含むファイルには'UI'、UDFオブジェクトには'UO'を使用することができます。
U_Create
パッケージをサーバーにインストールするDDL文。
ファイル内にDDL文がある場合、コロン文字を先頭につけたUSING変数名を使用できます。処理の間に、savepkgU_Createをファイルの内容に置き換えます。
例えば、C言語ソース ファイルおよびC言語インクルード ファイルなど、DDL文が複数の部分を持つEXTERNAL NAME句を指定する場合、それらの部分ごとにsavepkgを呼び出す必要がありますが、最初の呼び出しでは、DDL文を渡すだけです。後続する呼び出しごとに、U_Create引数に'NULL'を渡すことができます。
Teradata Databaseは、この文をSYSLIBデータベースのdemddlシステム テーブルに格納します。
U_DemFN
パッケージのファイル名。
U_Content
コロン文字が先頭に付けられたUSING変数名。
パッケージをバックアップするためにsavepkgを呼び出す場合、使用するCALL文でUSING行記述子を指定する必要があります。処理の間に、savepkgU_Contentをパッケージの内容に置き換えます。
out1
返されるステータス。