17.00 - 17.05 - getUDFOutputClob() - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Clobを戻すJava UDFの戻り値を表わすClobオブジェクトを取得します。このメソッドは、スカラーまたは集約Java UDFからのみ呼び出すことができます。集約Java UDFから呼び出した場合、Phase.AGR_FINAL例外フェーズでのみ呼び出すことができます。getUDFOutputClob()により戻されるClobオブジェクトの文字セットは、呼び出し側が戻すClob値のそれと同じです。

戻り値

Java UDFのClobの戻り値を表わすjava.sql.Clobオブジェクト。

例外

呼び出し側 getUDFOutputClob()がSQLExceptionをスローする目的
スカラーまたは集約Java UDFではない。 呼び出し側がスカラーまたは集約Java UDFでないことを示し、SQLExceptionフィールドを以下のように設定します。
  • SQLStateフィールド = “TS000”
  • vendorCodeフィールド = 7863
BLOBまたはCLOB型を戻さないUDF。 呼び出し側がBLOBまたはCLOBを戻さないことを示し、SQLExceptionフィールドを以下のように設定します。
  • SQLStateフィールド = “TS000”
  • vendorCodeフィールド = 7862
Blob型を戻すUDF。 呼び出し側が実際にはBlobを戻すことを示し、SQLExceptionフィールドを以下のように設定します。
  • SQLStateフィールド = “TS000”
  • vendorCodeフィールド = 7866
Clobを戻す集約Java UDF。ただしこのメソッドはPhase.AGR_FINAL集約フェーズでは呼び出されません。 メソッドが誤った集約フェーズから呼び出されたことを示し、SQLExceptionフィールドを以下のように設定します。
  • SQLStateフィールド = “TS000”
  • vendorCodeフィールド = 7864