17.00 - 17.05 - ソース コードのコンパイル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

作成したJavaルーチンのソース コードをコンパイルするには、javFnc.jarが必要になります。これは、TeradataのJava外部ストアド プロシージャとUDFの実行時ライブラリです。

ソース コードをコンパイルする場所 結果
クライアント システム Teradata Downloadから実行時ライブラリをダウンロードします。
データベース システム 実行時ライブラリは、使用できる状態です。

実行時ライブラリへのパスを、クラス パスに追加します(または、コンパイラの「-classpath」オプションを使用します)。データベース システム上の実行時ライブラリの格納場所についての詳細は、クラス パスを参照してください。

例えば、javFnc.jarをWindowsクライアント上のC:\java_udfにダウンロードしたとします。その場合は、次に示すように、UDFExample.javaのソース コードをコンパイルします。

javac -classpath C:\java_udf\javFnc.jar UDFExample.java

Javaのソース コードをコンパイルしたときに生成するクラス ファイルのバージョンは、データベース システム上のJREに対応する必要があります。

例えば、データベースではJRE 1.8を使用していて、クライアント システムではJDK 8.0を使用していると仮定します。クライアント システム上のUDFExample.javaのソース コードをコンパイルする場合は、Javaコンパイラの「-target」オプションを使用してください。

javac -target 1.8 -classpath C:\java_udf\javFnc.jar UDFExample.java

データベース システム上のJREのバージョンを確認するには、cufconfigユーティリティを使用してJREがインストールされている場所を確認します。詳細は、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。