17.00 - 17.05 - 集約UDF - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQL文に集約UDFが指定されているときは、Teradata Databaseはグループ内の項目ごとに1回ずつ、そのグループの詳細値を入力引数として集約UDFを実装するJavaメソッドを呼び出します。

SQL文に指定されたときにUDFの入力引数にマッピングされるパラメータに加え、集約UDFのメソッド シグネチャにはTeradata Databaseから渡される引数のための2つの特別なパラメータも含まれます。受け渡されたデータを組み合わせる方法をメソッドに指示するため、Teradata Databaseから受け渡される引数の1つを使って、メソッドにどの集約フェーズで呼び出されたかを伝えます。他の引数では、集約フェーズ中に累積された中間結果を保持するためのメソッドのコンテキストが提供されます。