17.00 - 17.05 - FNC_TblOpWrite - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

テーブル演算子作成者に対しスプールする行の記述を許可します。この関数は書き込みコンテキストを次の出力行に設定します。

構文規則

int
FNC_TblOpWrite(FNC_TblOpHandle_t *handle);
FNC_TblOpHandle_t *handle
出力ストリームに関連するハンドル。これは、FNC_TblOpOpenが返すハンドルである必要があります。

FNC_TblOpHandle_t構造の詳細については、テーブル演算子のデータ構造を参照してください。

戻り値

TBLOP_SUCCESS、TBLOP_NOROW、TBLOP_ABORT、またはTBLOP_ERRORを示す整数。

使用上の注意

最初にFNC_TblOpOpenを呼び出してから、FNC_TblOpOpenから引数として返るハンドルをFNC_TblOpWriteへ渡します。

ストリームがTBLOP_NOOPTIONSオプションにより開かれている場合には、行フィールドはFNC_TblOpBindAttributeByNdx関数により直接設定でき、または以下を割り当てることにより直接設定できます。

handle->row->indicators, columnptr[index] and lengths[index].

TBLOP_RAWMODEに設定されたoptionsフィールドでFNC_TblOpOpenを呼び出す場合には、未加工の行はハンドル構造体を通して直接設定することができます。

Access handle->row to set the current raw row (length, IndicData format, record body)

FNC_TblOpWriteの使用例

この関数の使用例については、C テーブル演算子を参照してください。

関連トピック

現在の行に関する情報を保存するcurrent_row_t構造体の詳細については、テーブル演算子のデータ構造を参照してください。