17.00 - 17.05 - BLOB型とCLOB型の圧縮 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

LOB入力および戻りパラメータを持つUDFの詳細については、LOB型を使用する関数の定義を参照してください。

BLOBまたはCLOB型を圧縮するスカラーUDFを記述する場合には、次の一般的な構造体を使用します。

  1. ソースLOBの各部分に対する読み取りバッファーサイズ(64KB以下)を定義します。
  2. FNC_LobOpenを使用してソースLOBの読み取りをオープンします。
  3. LOB内にさらに多くのデータがある間に。
    1. FNC_LobReadを使用して、LOBの一部を、割り当てたバッファ内に読み取ります。
    2. バッファ内のデータに圧縮を行ないます。
    3. UDFが入力文字列を圧縮できない場合には、'U1005'のSQLSTATEを返すか、そうでない場合にはFNC_LobAppendを使用してバッファの圧縮された内容を出力LOBに付加します。
  4. FNC_LobCloseを使用してソースLOBの読み取りをクローズします。
  5. 処理の間にいずれかのFNCルーチンによって報告されたエラーを扱います。
  6. ひとたびデータ処理が完了したら、割り当てられたリソースを解放します。

FNC関数については、LOBアクセスを参照してください。

CLOBデータ圧縮用のサンプル コードについては、CLOBデータ圧縮のCスカラー関数を参照してください。