17.00 - 17.05 - attach udf - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

このコマンドは、要求されたシステム上でTeradata C/C++ UDF Debuggerセッションを作成するために使用します。

構文

attach udf systemname/username,password
systemname
デバッガとしてログオンするTeradataシステムの名前。
username
ログオンに使用するユーザー アカウントの名前。
ユーザー名は、デバッグされるUDFの実行に使用されるユーザー名と同じである必要があります。
password
アカウントのパスワード。

使用上の注意

attach udfは、デバッグするUDFの開始前後にbteqで発行できます。ただし、他のUDF固有のデバッグ コマンドを発行する前に、Teradata C/C++ UDF Debuggerセッションを作成する必要があります。このコマンドにより、デバッガは、特定のデータベース セッションではなく、データベースに接続されます。