17.00 - 17.05 - テーブルUDFのメソッド シグネチャ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
public class  class_name  {

   ...

   public static void  method_name  (  type_1        input_parameter_1,
                                    ...,
                                    type_n        input_parameter_n,
                                    result_type_1   result_1,
                                    ...,
                                    result_type_r   result_r)
   {
        ...
   }

   ...

}

説明

パラメータ 指定内容
type_n input_parameter_n 入力パラメータ。nはCREATE FUNCTION定義に含まれるパラメータの数です。n = 0なら、入力パラメータはありません。この型は、Javaプリミティブか、入力引数のSQLデータ型に対応するクラスです。

入力パラメータの数は最大128個です。

result_type_r result_r 行の結果出力パラメータ。rは、対応するCREATE FUNCTION定義またはREPLACE FUNCTION定義によって決定されます。

テーブルUDFが固定された結果行指定により定義されている場合

  • rは、対応するCREATE FUNCTION定義のRETURNS TABLE句の列リスト内の列数です。
  • 型は、CREATE FUNCTION文のRETURNS TABLE句の対応する列のSQLデータ型に一致するJavaプリミティブまたはクラスです。

テーブルUDFが動的な結果行指定により定義されている場合

  • rは、対応するCREATE FUNCTION定義のRETURNS TABLE VARYING COLUMNS句の列の最大数です。
  • 結果行の引数の実際のデータ型は関数が呼び出されるまで不明なため、それぞれのresult_rパラメータの型は、java.lang.Object[]である必要があります。
  • 実行中、Javaメソッドは、Tbl.getColDef()メソッドを呼び出し、実際の結果タイプを取得することができます。

このメソッドは少なくとも1つの結果行の出力引数を戻さなければなりません。