17.00 - 17.05 - FNC_TblOpGetCustomValuesOf - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

カスタム句内の特定キーに関連するすべての値と、それらの対応する長さを取得します。

構文

int
FNC_TblOpGetCustomValuesOf(Key_info_t *key);
Key_info_t *key
keyが指定され、値と長さが格納されるデータ構造体の位置。

Key_info_t構造体の詳細については、テーブル演算子のデータ構造を参照してください。

戻り値

カスタム句内の特定キーに関連するすべての値と、各値の長さ。

戻される値はOID(オブジェクト識別子)である場合があります。OIDの形式はクライアント ロケータです。

使用上の注意

FNC_TblOpGetCustomValuesOfを呼び出す前に、返すべき値用にメモリを割り当てる必要があります。

key->values_r = FNC_malloc(sizeof(values_t)*key->numOfVal);

値が不要になった際にはメモリを解放する必要があります。

FNC_free(key->values_r);

関連トピック

テーブル演算子のカスタム句の詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>のSELECT文FROM句の解説を参照してください。

FNC_TblOpGetCustomValuesOfの使用例

この関数の使用方法の例については、C テーブル演算子を参照してください。