17.10 - HASHAMP関数の構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
HASHAMP ( [ hash_bucket_number_expr ] )

構文要素

hash_bucket_number_expr
{ expression [ MAP = sparsemap_name COLOCATE USING = colocation_name ] |
  [ expression ] MAP = contiguousmap_name
}
expression
有効なハッシュ バケット番号と評価される式。
MAP
テーブルの行を格納するAMPを指定するオブジェクト。
sparsemap_name
スパース マップの名前(連続マップからのAMPのサブセットを含むマップ)。
COLOCATE USING
同じスパース マップを使用するテーブルを、AMPの同じサブセットに格納することを強制する句。
スパース マップではCOLOCATE USINGが必要です。連続したマップでは使用できません。
colocation_name
コロケーション名、通常databasename_tablename
contiguousmap_name
隣接するマップの名前(指定した範囲内のすべてのAMPを含むマップ)。