エラーを生成するソース文字 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/djk1612415574830.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1145
Product Category
Software
Teradata Vantage

次のテーブルは、特定のsource_repertoire_name _TO_target_repertoire_name変換でエラーになる文字をまとめたものです。このテーブルに記載されていないサポートされている変換では、エラーになるのはエラー文字の場合のみです。

source _TO_targetの値 エラーを生成するソース文字
  • LATIN_TO_GRAPHIC
  • KANJISJIS_TO_GRAPHIC
  • UNICODE_TO_GRAPHIC
GRAPHIC以外
  • LATIN_TO_KANJISJIS
  • KANJI1_KANJISJIS_TO_UNICODE
  • GRAPHIC_TO_KANJISJIS
  • UNICODE_TO_KANJI1_KANJISJIS
  • UNICODE_TO_KANJISJIS
  • LOCALE_TO_UNICODEまたはUNICODE_TO_LOCALE、LOCALE用に変換で使用されるレパートリーがKANJI1_KANJISJISの場合
KANJISJIS以外
  • KANJI1_KanjiEBCDIC_TO_UNICODE
  • UNICODE_TO_KANJI1_KanjiEBCDIC
  • LOCALE_TO_UNICODEまたはUNICODE_TO_LOCALE、LOCALE用に変換で使用されるレパートリーがKANJI1_KanjiEBCDICの場合
KanjiEBCDIC以外

KANJI1は許容範囲が広いため、エンコーディングの定義範囲外の文字や無効な使用形式エラーがあり得ます。

  • KANJI1_KanjiEUC_TO_UNICODE
  • UNICODE_TO_KANJI1_KanjiEUC
  • LOCALE_TO_UNICODEまたはUNICODE_TO_LOCALE変換、LOCALE用に変換で使用されるレパートリーがKANJI1_KanjiEUCの場合
KanjiEUC以外
  • KANJISJIS_TO_LATIN
  • GRAPHIC_TO_LATIN
  • UNICODE_TO_LATIN
  • UNICODE_TO_KANJI1_SBC
  • UNICODE_TO_LOCALE、LOCALE用に変換で使用されるレパートリーがLATINまたはKANJI1_SBCの場合
LATIN以外